2016年02月06日

土日の司法書士の仕事

 総務の雑用くんです。

 土曜日、日曜日、祝日は法務局が休みです。登記をする司法書士は、法務局に書類を提出できないので、公務員と同じく休みだろうと思われがちです。

 しかし、登記が動くというのは不動産が動きます。やはり、土日は不動産業者に平日より多くのお客さんがくるということで登記の見積もり等の電話が多くなりますし、相談等もみなさんの仕事が休みである土日のほうが都合がつきやすいのも事実です。
 立会や書類関係の仕事は休みでも実際は休みになりません。
仕事の依頼の電話ですからもちろん鳴るほうがいいんですけど・・・・。

 もちろん、ただ、一事務である私は銀行や郵便局の休みの土日はいても無駄なのでお休み頂戴してますが。

 不動産業者が休みの正月明けとかはゆっくりですけど。週休2日しっかりとりたい人にはおすすめできません。

  


hokusetsumirai at 22:41|PermalinkComments(0)

2016年02月01日

餅は餅屋

 総務担当の雑用くんです。

 2月になりました。

 総務・経理を担当する私には、月末月始は月締業務なるものがあります。

・売掛金の把握
・経費の精算
などを行い仕訳をきっていき、試算表をつくります。

この試算表が学校でいう1カ月の通知表みたいなものであり、
その数字をいかにフィードバックするかが大事になります。
 
 来月の経費見込から予算をつくり、損益分岐点売上目標を考えます。
 ここまでが月末の私の仕事です。

 この業務は会社の目標管理や従業員個々の具体的な目標を設定するのに必要な作業だと思っています。

 ちなみにうちの事務所は全て手作業です。(笑)
 弥生とか会計ソフトを使ってもいいんですけど、
余計な機能や本当に必要な数字をピックアップしてくれるわけでもないですし・・・・。

 ただ、いえることは「餅は餅屋」です。
 アウトソーシングすれば月2万円ぐらいでしょうかね。
 経費節減のためにプロ以外がすると3倍ぐらい時間がかかるし、
実際大変なだけで、他の仕事がその分できなくなる。
 自分でやればその2万円は浮きますが、その時間で10万円売り上げれば、
機会損失8万円発生するわけです。
 
 そう考えるとどうすればいいのか答えは自明だと思います。





 


hokusetsumirai at 22:58|PermalinkComments(0)日記 

2016年01月27日

空き家についての相談お受けいたします。

 近年、空き家が増加しています。
また、空き家がそのままにされていると倒壊の危険不審者の侵入放火ごみの不法投棄など周囲に悪影響を及ぼしかねません。

 現在、過疎化が進む地方のほうが空き家率が高いですが、都市部のほうが近隣への影響が大きくなります。

 倒壊するおそれがあるなど危険な状態の空き家は撤去が原則です。
家は適切に維持管理されているからこそ長く使えるものであり、空き家になれば傷みやすくなるものです。

 政府はこの問題に対し、空き家の固定資産税を増税することにより、空き家として放置される家屋を減少させようとしています。

さて、
 「実家を相続したが、勤務先が遠隔地であるため住めない」
 「住んでいた親が施設に入居したため空き家となった」
 「将来自分が亡くなったら、この家が空き家になる」

 そのような悩みがあるかたも多いと思います。

 また、
「空き家を持っているが売却するにも名義が故人のままだ」
「名義を変えるにも相続人の一人が行方不明」
「空き家の所有者等が認知症等であり、売却ができない」
「将来、この家に戻ってきたい」


 いろいろあると思います。
 北摂みらい司法書士事務所は、空き家の相続から維持・管理まで相談をうけております。
空き家についての悩み、ご相談ください。
  
 空き家をどのようにしたらいいかそこからでもOKです。
きっとよい提案ができると思います。

真面目で明るくとても親切な司法書士があなたの力になります。

北摂みらい司法書士事務所

北摂地域のみならず、大阪、京都、神戸一円出張相談可

TEL 072-665-6246

FAX 072-637-0307 

北摂みらい司法書士事務所

代表司法書士 光田 正子

ホームページ http://www.hokusetsu-mirai.net/