着服

2016年01月26日

後見人の着服

総務の雑用くんです。

 元々睡眠が浅いほうで少しの物音でも目が覚めてしまいます。
最近はそれを輪にかけて寝付きが悪く、かつ寝ていても自分の脳内が活発に活動しつづけているため、
あんまり寝た気にはなれず、疲れが抜けきらないのが悩みです
先週末とうとうダウンして金曜日は仕事を休みました。

 アルコールを少し入れてもダメです。
無料でぐっすり眠れる方法があるなら誰か教えてください


 1月25日付の朝日新聞朝刊です。

 「後見人の着服、問われる家裁、弁護士、親族を選任・監督相次ぐ被害」

 ほとんどの人は真面目に後見人をやっていると思います。
わずかにこのような人が出てくるだけで後見人は怖いというイメージになりますよね。
後見人に着服されるか訪問販売に変なモノ売りつけられたり、無意味なリフォームさせられたりする、特殊詐欺にあうのと結果的には不必要な財産が流出するという意味で全く変わりません。

 こうして、後見人制度が社会への定着が遅れれば遅れるほど、悪質業者や特殊詐欺が幅を利かせわけで一国民としても一抹の不安を感じます。

 家裁もしっかりしてもらわないといけませんが、財産のための後見人損害填補保険をつくるか、後見人の監督人への報告義務、書類閲覧の権利、罰則を厳しくする立法をするか、安心して利用できる制度に見直していただきたいなあと思います。

 もちろん、北摂みらい司法書士事務所では「着服等がないように」「みなさんが安心して利用いただけるように」任意後見の提案をさせてもらっています。
 
 (法定後見人では、元気なうちに後見をあらかじめ約する契約ができないため、提案できる範囲はかなり限られます。)

 北摂みらい司法書士事務所の内部統制担当として、
「当事務所は絶対着服等をおこさない事務所」にします。

あたりまえのことなんですけどね・・・・。

 ホームページでサービス内容はいずれ紹介させていただきますが、それまで待てないとか、聞いてみたいという方がいれば、ご連絡まってます。


 北摂みらい司法書士事務所 総務担当




 


hokusetsumirai at 00:59|PermalinkComments(0)